投資いろいろどれがある?種類と実際の特徴


投資には株式、先物取引、FX、CFD、仮想通貨などがあります。 珍しいものではETFや商品取引や債権なども。 結論を言うと、投資はいろいろな種類があるので選び方が大切です。 まずはFX。 FXは上がるか下がるか、通貨ペアを選んでシンプルなトレードです。 日本ではドル円の関心度が高くて、ニュースやトレード情報も豊富でした。 投資というよりもデイトレードやスキャルピングをします。 短期的な投資なので投機とも言います。 手軽でわかりやすいので初心者向きということができるでしょう。 次に株式投資では、銘柄を選んで企業情報を見ながら投資を行います。 空売りという信用取引もあります。 株の銘柄は何百種類もあるため、日本から中国アメリカなどと投資対象を選ぶのです。 株は急騰、急落もありニュースや四季情報や企業の決算情報などが頼り。 話題の人気の銘柄を買っておくのもいいでしょう。 業績不振な銘柄には注意が必要です。 株は中級者向けの投資対象になります。 仮想通貨はビットコインやアルトコインがあります。 ビットコインは実際にネットショップなどで使えるため、買っておいて値上がりしなくても使いみちはあります。 アルトコインのイーサリアムやリップルなども認知されてきました。 ビットコインは不安定さもありますが、これからが期待されているのです。 他にはCFDやETFという投資銘柄もあります。 CFDは日経平均株価指数やダウ工業指数などを元にした金融商品です。 証券会社によっても、日経平均以外に中国やイギリスなどの指数もあります。 バラエティが豊富なので、いろいろな投資ができる。 CFDでは金や原油などの商品から、株価指数という銘柄でショートもできるものでした。 ETFは証券会社の指数などに連動する銘柄です。 日経平均株価指数と似ているような投資対象。 他にはVIXという恐怖指数と言われる投資銘柄があります。 まとめると、何百種類以上の銘柄があることがわかります。 FXだけでも通貨ペアは数十種類。 ドル円だけしかしていない人もいるでしょうが、FXだけでもユーロ円や豪ドル円などさまざまでした。 FXでも通貨ペア選びが大切。 株でも個別銘柄で上下がそれぞれ違うのです。 選び方で利益がいくらになるのかまったく異なる。 投資でかんたんなものだとやはりFX。 これもテクニカルツールを見てトレードしましょう。 仮想通貨を買ってみるのもひとつ。 どれも初心者から始められますが、稼ぐためにはもう少し覚えることも必要でした。