個人投資家のメリット

株式投資とはそもそもどういったものなのか?そこから考えていくと投資にもさらに興味がわいてくるのではないかと思います。 株式とはそもそも、会社が運営を行うにあたって、資金を募る、そしてその見返りとして利益が出た場合に還元するというところが基本です。 そこには投資家が存在して、実際には個人投資家、機関投資家(法人)にわけられることになります。そして、機関投資家といえば、どうしてもM&Aや乗っ取り、敵対買収といった話がイメージされるところですが、それだけではなく、銀行や金融機関が間に入り、株式の持ち合いや協力、提携を行うといったこともあるのです。 そして、何といっても企業が非常に力を入れているの個人投資家の囲い込みであり、いかにつなぎとめることができるかといったポイントになってきます。そこで、企業がどういった形で個人投資家を囲い込もうとしているのか具体的にあげていきたいと思います。 まずは、一番分かり易いところからいくと、株式の価値をあげることによる株主への還元です。もちろん、株主によっては価値が上がった時点で売却を行うことにつながってしまいますが、それは致し方ないこと。ようするに市場に価値がある株価であり、所有することで後々メリットがあると思わせることが非常に重要なのです。考えようによっては、企業価値、ブランド力を誇示することにもつながるのではないかと思います。 次に株主への配当です。売却することによる利益だけではなく、定期的に企業としての利益の一部を株主に対して還元する、これが配当になります。実際に個人投資家が投資を行うさいに、株主配当性向も大きなポイントになります。仮に株価が下がったとしても毎年定期的な配当が得られるのであれば、当該の株式を保有し続けようと思わせることが可能です。これは実際に長期保有にも結び付くものですから非常に重要な取り組みとしても考えられるでしょう。 そして、最後に株主優待券の発行です。実際にこの株主優待券は市場でも流通するほど各企業で取り組んでいる内容になります。自社の強みを生かしたお食事券、利用券、またはチケットといったところも企業によっては発行しています。自分自身の趣味の範疇で非常にメリットがあると考えれば、この株主優待券をトリガーにして投資を行う際の参考にすることもあり得るかと思います。 こうしたメリットがあってこそ、個人投資家が投資に対して前向きになっていくことになります。